蔵のや

エクセレンス認証

蔵のやのクチコミ情報です

ようこそ箱根『蔵のや』へ

『蔵のや』名前の由来
「蔵」とはこころのお宝を貯め込みます。
「蔵」の字に願いを込め『蔵のや』といたしました。

当館は皆様の旅の思い出を1ページごとに綴り込み、積み上げ
「エコ」と「手作り」と「こだわり」のサービスを、心を込めて
ご提供いたします。

湯けむり立つ丘に
名も知らぬ野の花にも
箱根の豊かな自然からの贈り物と感じております。
私たちはいつでも「蔵」の扉を開いてお待ちしております。

ようこそ箱根『蔵のや』へ

かけがえのない地球のために『蔵のや』はエコ対策に取り組んでおります。

女将からの一言

 夏休みに入り、お子様も大勢お越しになっています。日本列島を襲う猛暑に大雨、台風…その最中にお越しのお客様には誠にありがたく、感謝いたしております。
 これからいらっしゃる皆さま、特にお子さま方、お隣の強羅公園なら、一日中でも楽しめるんです!雨が降っても大丈夫!体験工房「クラフトハウス」で夏休みの宿題もできてしまいますヨ!
 お父様、お母様もご一緒に「吹きガラス」「陶芸」「とんぼ玉作り」などなど…楽しいご家族の思い出も出来上がります!
 毎年恒例の「カブト・クワガタ展」は男の子が大喜びの人気イベント、きっと夢中になりますヨ!屋根付きの植物館も充実してますから、お天気に関わらず草花を楽しめるのも魅力です。
 お天気ならもちろんの事、雨降りでも楽しめる箱根へ、『蔵のや』を拠点にして、お遊びくださいませ。
(2018.08.02)


 梅雨のシーズンになり、箱根を彩る「紫陽花」が開花し、強羅公園ではアジサイ展も開催、園内も もう直ぐ満開に。
 そして、箱根の風物詩「夜のあじさい号」が今年は6月16日土曜日から運行されます。お乗りになるには予約が必要になります。出発の時刻に合わせ、お夕食も早めにご用意いたします。宿泊ご予約時かご来館時にお伝えくださいませ。
 ゆっくりと進むあじさい号、ライトアップされた美しい風景は、必ずやお客様のお心に届き、忘れられない思い出になることでしょう。
 この時期、「雨が降ったら折角の旅が…」とお思いでしょうが、紫陽花の美しさは雨の中、ひと際きわ立ちます。「雨もまた好!」と、きっと思われますヨ!
 お後はどちらへ?『蔵のや』でお聞かせくださいませ。お待ちしております。(2018.06.15)


 日頃から蔵のやをご愛顧いただいているお客様、これから「泊まろうかなぁ~?」とお考え中の皆様へ大変うれしいお知らせです!ナンと‥ホントに‥ビックリしてしまいまして…
 今年も『エクセレンス認証』受賞の知らせが届きました!さらに‥5年連続受賞となり、栄えある「殿堂入り」となりました。何倍の喜びとその何十倍の責任をヒシヒシと肌身に感じております。
 「蔵のやに泊まって良かった!」とおっしゃっていただけるよう、日々、精進してまいります。
 皆様のおかげでございます。蔵のや一同、心より感謝申し上げます。(2018.05.29)


 強羅公園のツツジは見頃を過ぎてしまいましたが、西門近くの音楽堂下に広がるローズガーデンの蕾が膨らんで、暖かい日が2~3日続くと咲き出します。新緑と共に6月いっぱいお楽しみになれますヨ。
 箱根美術館のお庭は新緑のベールに包まれたよう、その中で山ツツジが満開に。山ツツジに寄り添うようにサラサドウダンツツジがベルのような可愛い可憐な花を咲かせています。一巡りするだけで日頃の疲れが吹き飛び、体も心もリフレッシュ!女将の私が太鼓判を押します。どちらの公園も直ぐお隣、乗り物要らずですからネ!「いながら春を満喫」楽ちんプランのご案内でした!
 ゴールデンウィークも終わり、少し静かになった箱根へお越しになりませんか。蔵のや一同、心よりお待ちしております。(2018.05.11)


 強羅公園の桜が見事に咲き、満開になりましたが…このところの強い風の影響で散りだし、悲しいことに見頃を過ぎてしまいました。それでも箱根は様々な種類の桜があり、見頃もまた様々。箱根園の桜はこれからが見頃に!まだまだお楽しみいただけます。強羅から少し足を延ばして桜をお楽しみください。
 新緑も美しいですヨ!桜の次はツツジの花がお出迎えいたします。箱根が一番輝く季節です。蔵のやを拠点にしてお楽しみください。お待ちいたしております。(2018.04.11)


 東京の桜は今週末には開花するとか?今年は早いですね~。箱根の桜は毎年3月下旬ごろに湯本、大平台地域を皮切りに開花し始めていくようです。さて、今年の開花は何日でしょうか?
 湯本から登山電車に揺られること15分。その間、車窓からも桜の景色をお楽しみになれます。下平駅の近くには約100本のシダレザクラの並木道があり、風になびく淡いピンクのトンネルの、その中を電車は走ります。素晴らしい情景をお楽しみになれますヨ!この季節ならではの電車での桜旅はいかがですか?
 蔵のやのお隣の強羅公園の桜も、それは美しく素敵ですが‥毎年、開花は4月上旬からに。でも、皆さま、「蔵のや桜」は蕾が大きく膨らんで、今にも咲きだしそうです!きっと強羅で一番先に開花しますよ!?
 毎年、少しずつ大きくなった「蔵のや桜」ですが、今年は目を見張るような成長ぶりで、一段と立派に大きくなって、蕾も沢山つけています。きっと沢山の花を咲かせてくれるでしょう。
 子供のように大切に育てている蔵のやの桜を、少し早めに愛でにお越しになりませんか。皆さまのお越しを心よりお待ちしております。(2018.03.16)


 立春も過ぎ、「さぁ~。春ですヨ~」と晴れやかに…とは、残念ながらまいりません。2月の箱根を良くご存じとは思いますが、今年はことのほか寒さが厳しく「春遠し」冬ごもりしたくなるような‥と、こんな事を申し上げたら皆様しり込みなさいますネ。「ところがどっこい!」寒いからこその「お楽しみ」が箱根にはあるんですヨ。それは…ク・ウ・キ、そう「空気」なんです。「何んだ…」とガッカリなさいましたか?箱根の空の美しさは一年の内で今が一番では?自然は厳しさと共に例えようもない美しさも、もたらしてくれます。
 どんなに寒くても、いえいえ、寒いからこそのご馳走「温泉」に「美味しいお料理」を召し上がれば身も心もホカホカに!必ず幸せ気分になること、女将が保証いたします。
 もう一つ‥箱根は『神の棲む山』と言われているんですヨ!七福神巡りもこの季節の観光スポット。お参りをして「福の神さま」をお供にいかがですか?
 さて、どんな幸運が訪れるでしょうか?お越しの時にお話を伺わせてくださいませ。楽しみにしております。それでは、お待ちしております。(2018.02.09)


 皆さま、新年あけましておめでとうございます。旧年中は誠にお世話になりました。本年も何とぞ宜しくお願い申し上げます。
 新春は「富士晴れ」の晴天に恵まれ、芦ノ湖には雲一つなく、くっきりと湖面に映えた富士の美しさを背景に箱根名物、いえいえ今では日本全国お正月の風物詩『箱根駅伝』。
 今年も数々のエピソードを残し、復路を駆け抜け優勝したのは…「フレッシュグリーン」の青山学院大学でした!見事、4年連続の制覇。
 往路は東洋大学が優勝!今年は青学は難しいかな~?と思っておりましたら…何という底力!?でしょうか。蔵のやのイメージカラーも「フレッシュグリーン」です。私たちもあやかりまして‟この底力”で、ますます元気に、今年も頑張ってまいります。(2018.01.04)


 箱根は「紅葉狩り」から「クリスマスシーズン」になりました。各ミュージアムは一年の内で一番華やぐ季節になります。
 箱根美術館のバス停から仙石原に向かう施設巡りバスに乗って「星の王子さまミュージアム」へ。「ロマンティック・スターリー・ナイト」がお出迎え。イルミネーションは15時30分から18時迄です。敷地内の教会が花のカーテンや薔薇のアーチパネルでフラワーアレンジメント。フラワーチャペルは本当のローズガーデンにいるみたいな気持ちになりますヨ!
 もう少し足を延ばして、ガラスの森美術館へ。クリスタルガラスで出来たツリーが冬の庭園をキラキラ彩っています。高さ10メートルのツリーと高さ8メートルのもみの木が寄り添うように輝いています。
 「一生に一度は見ておきたい」と思うクリスマスツリーランキング第2位に選ばれたそうです。12月25日までやっていますから、蔵のやへお泊りになってゆっくりとお楽しみくださいませ。どんなに寒くてもハートはきっとポカポカに。冷えたお身体は蔵のやのお湯とお料理が芯からお温めいたします。この季節ならではの箱根へ是非、お越しくださいませ。お待ちしております。(2017.12.08)


 いよいよ紅葉のシーズン到来です。今年は色づきが早く、見頃は例年より早まりそうです。
 電車でお越しのお客様、渓谷と紅葉を車窓から見下ろしながら、ゆっくりとした旅の雰囲気満点の登山電車は最高!ですヨ。ロープウェイなら迫力満点の、紅葉狩りをお楽しみになれます。でも…高所恐怖症のお方はお気を付けください。大涌谷に近づきましたら決して下をご覧にならないでくださいネ。
 色づく山々を眺めながら、芦ノ湖遊覧船巡りはいかがですか。湖面に映る紅葉、風景の美しさはきっと皆さまのお心を捉えて離さない事でしょう。
 『蔵のや』で「ゆっくり温泉三昧を」とおっしゃるお客様には、お隣の箱根美術館と強羅公園の紅葉だけで充分ご堪能いただけますが、屋上からの景色も引けを取りません。紅葉狩りをお楽しみいただけます。 
 さて、今年の箱根の紅葉は皆様にどの様な顔を見せるでしょうか?お越しをお待ちしております。
 (2017.10.19)


 爽やかな風が吹いてまいりました。朝晩は涼しさを通り越して寒いくらいですが、これからが秋本番。箱根の秋は「ススキ」から始まります。
 薄と言えば仙石原ですが、その昔は「千石原村」という地名だったんですヨ。広大な何もない原野が広がっていて、この地を開墾すれば千石もの穀物が穫れるだろうと・・ところが残念なことに火山灰土壌と湿地のため、それは夢と終わりました。夢を託した名の由来でした。
 そこで、厳しい環境でも生き残れるススキを植え茅葺屋根の原料、萱で千石原村の人々は生計を立てておりましたが、時代の流れは萱を必要としなくなり、ススキは観光名所に。
 仙石原の薄は近年の大涌谷の水蒸気爆発の影響で丈が短くなっていましたが、今年は以前のように元気に生い茂っています。夏は青々としておりましたが、9月になり黄金色に変わってきています。遊歩道で散策なさいませんか?湿生花園にもお立ち寄りください。芸術の秋ですから美術館めぐりもおすすめです!
 蔵のやはアクセス抜群ですから、どうぞ拠点にして箱根の秋をお楽しみください。お待ちしております。(2017.09.11)


 「来年は良いお天気に…」と、祈っておりましたのに、私の祈りは天には届かず、今年も昨年に続き無情の雨が…このまま中止になってしまったらと、ハラハラドキドキしながら待っておりました。決行となり、盆の送り火「大文字焼き」目出度しめでたし…でしたら、どんなに良かったでしょうか。
 ところが残念なことに大文字の『大』の字が、『六』の字にしか見えません。打ち上げ花火も「ドゥオ~ン」と大きく響き渡るのですが、霞をかけたようにぼやけてしまって…この日をどんなに楽しみにしてお越しくださったことかと、お客様には本当に申し訳なくて、なんだか泣きたくなってしまいました。
 お天気を恨むわけにはいきませんが、それでも恨み言の一言も言いたくなってしまいました。お客様からは「中止にならなくて良かったヨ」と、私の方が慰められた「大文字の一日」でした。
 さぁ、来年はどうなりますか?「どうか来年こそ良いお天気にしてください」と今から箱根神社に祈念してまいります。(2017.08.23)


 今年も皆さまに大変うれしいお知らせです!3年連続で受賞しておりました「エクセレンス認証」を本年度も受賞いたしました。これで4年連続の受賞となりました。
 正直申しまして…こんなこと言ったら怒られてしまいますね…「嬉しい~」より「怖ろしい~、どうしましょう…」この様な心境でございます。「ご満足いただけるおもてなしとは?」毎日、この言葉を繰り返し、繰り返し心に落としながら努めておりますが…それでも至らないところだらけで、ご迷惑をお掛けしたり、お叱りを頂戴したりと、「おもてなし」に上限はありません。肝に銘じてはおりましても、失敗の繰り返し…。
 それでも、精いっぱい私たちなりに「最高のおもてなし」を目標に精進してまいります。これからも変わりませず、何でもおっしゃってくださいませ。お言葉の一言、一言を糧に『蔵のや』一同、心して努めてまいります。
 皆さまのおかげです。誠にありがとうございました。(2017.07.03)


  昨日、皆さまに今年の紫陽花の様子をお伝えいたしましたが…咲きました!お隣の強羅公園でも咲き出しました!登山電車沿いの紫陽花も至る所で咲き出し、「夜のあじさい号」に間に合いました!「あ~、良かった!」ホッと胸をなでおろし、ご報告です。
 満開になるのはまだまだ先ですが、今年の紫陽花は長~く楽しめそうです。(2017.06.16)


 箱根の四季を彩るお花たち…例年なら、ツツジはとうに終わっていますが、今も綺麗な花を咲かせております。お隣の強羅公園では薔薇園のバラが見頃を向かえ、ベランダのお部屋からも、屋上からも、大倫のバラの花をご覧になれます。本当に大きな見事なバラの花ですヨ!
 そして、いよいよ待ちに待った「箱根の初夏の風物詩」紫陽花のシーズン到来です!今年は桜もツツジも開花が遅くなっていましたが、紫陽花もすっかりお寝坊さんになって。梅雨に入っても強羅の紫陽花はまだ蕾のまま。登山電車の紫陽花たちもまだ蕾。やっと、湯本駅と塔ノ沢駅の間と早川河川岸で咲き出しました。17日土曜日から運行される「夜のあじさい号」に間に合うでしょうか?「お天気の神様、どうか間に合うように咲かせてください」。
 ここでお知らせで~す。『蔵のや』では6月28日にお越しのお客様4名様に「夜のあじさい号」の指定席券をプレゼントいたします。どうぞ、ご予約時にお申し込みくださいませ。先着順ですが…まだ有りますヨ~。お待ちしております。(2017.06.15)


 大賑わいのゴールデンウィークも無事に過ぎ、箱根も少し静かになっています。大勢のお客様にお越しいただき蔵のや一同、心より感謝いたしております。
 風薫る五月、甘く馨る爽やかな風が心地よいです。桜の季節も過ぎ…いえいえ、箱根園と恩賜箱根公園は、まだ咲いておりますヨ。5月初めに満開になりましたので、今でしたらまだ大丈夫でしょうか?ここの桜が散りますと、箱根の桜も終わりになります。木々は芽吹き始め、新芽、そして新緑へと姿を変えて、光り輝く緑の箱根が皆さまをお待ちしています。
 お花は…そうです!ツツジのシーズン到来です。強羅公園のツツジは咲き始めました。見ごろを向かえるのはこれからです。『蔵のや』にお泊りになって、新緑とツツジをお楽しみになりませんか。
 (2017.05.11)


 皆さま、春です!四月卯の花月を迎えました。箱根にも桜のシーズン到来です!と言いましても、強羅の桜はまだつぼみ。それでも桜の木は薄桃色に染まって、つぼみ達が今にも咲き出しそうです。皆さまがこのページをご覧になる頃には、ちらほら咲き出しているかもしれませんね。待ちに待った満開の桜をご覧いただけるのは…そうですね、今年は例年になく寒い日が多くて…もうしばらくのご辛抱を。
 でも、ここ『蔵のや』では私が育てた早咲きの「蔵のや桜」が三分咲きに!とても可憐に小さな花びらをつけています。細い細い幹ですが精一杯、花をを咲かせてくれております。本当に愛しいこの桜の木ですが、いつの日かどっしりとした幹に育ち、沢山の花をつけてくれることを願ってやみません。
 この季節にお越しのお客様、どうぞ「蔵のや桜」を愛でにお越しくださいませ。(2017.04.03)


 弥生三月、春の箱根へ「いらっしゃいませ!」。とは申しましても…まだまだ雪もちらつきそうな寒い日もあり、ご予約のお客様からも「雪が心配で…」とのお声も届いております。私がお天気の神様なら箱根に雪を降らしたりしないのですが…「どうぞ、良いお天気になりますように」と祈ることしかできません。
 待ちに待った3連休です。沢山のご予約をいただいております。今週末はお天道様もお顔を出して、温かくなってくれそうです。
 三寒四温をくり返し待ち遠しかった『春爛漫』も、もう直ぐです。仙石原の湿生花園は3月20日開園です。ガラスの森美術館では「ヴェネチア仮面祭」を4月9日まで開催しています。大人の方はマントに仮面を無料で貸し出しておりますヨ!お子様はフルドレスで大変身~!こちらは有料だそうですが…
ガラスのクリスタルが輝く庭園を散策、異国情緒を満喫なさってくださいませ。
 四季折々に姿が変わる箱根の風景と、時々のイベントをお楽しみください。『蔵のや』でお待ちしております。(2017.03.14)


 今年も箱根湯本の早雲寺さんでは、梅が盛りをむかえております。本堂前の紅梅も、銅鐘の脇の白梅も香り豊かに咲きだしました。今週中には満開に咲きそろうのでは?と。
 2月3日は節分。箱根神社は恒例の節分会のお祭りです。“福の神”をお土産に、「行きはよいよい、帰りも良いよい」と、この日にお泊りのお客様は、まさにラッキーですネ!
 3日を過ぎても大丈夫です。『蔵のや』にお泊りになりましたら“鬼”も福の神さまになります!
「あらっ!?女将さん、いい加減なことを言って…」、お客様のお声が聞こえてきました。イエイエ、本当に福の神様をお土産に、お持ち帰りくださいませ(チョッと冷や汗)たんとご用意して、福の神もお出迎えの2月の『蔵のや』へ。お待ちしております。 (2017.02.02)


 今年の箱根駅伝は昨年同様、青山学院の総合優勝で、なんと3連覇!!この箱根駅伝で一年の幕開けになる箱根の町です。
 皆さま、明けましておめでとうございます。
 蔵のやの女将を務め丸十年の歳月が流れました。新年になると、至らなかった昨年を悔やみ情けなくなり、今年こそ新しい人に後を任せないと、引退しなければ、なぞと考え込んでしまう…毎年繰り返しておりましたが…今年は心に変化が!今の自分をありのままに受け入れ、精一杯、力の限り、お越し頂けるお客様の笑顔を糧に頑張るゾ!もうそろそろ引退したら…と言う声を「エイッ!」と吹き飛ばして、「どっこい、まだまだヨ!」と。とんでもない心境になりました(苦笑)。
 ご愛顧くださるお客様に励まされ、蔵のやの仲間の皆さんに助けられ、これからも精進して努めてまいります。どうぞ末永く宜しくお願い申し上げます。(2017.01.05)


 今年のイブは土曜日ですネ!おかげさまで、ご予約をたくさん頂戴いたしました。
 今月の女将の一言は『おすすめクリスマスイルミネーション』。出発地点は箱根湯本の「北原おもちゃミュージアム」。「アトム」と人気を二分した「鉄人28号」のイルミネーションが楽しく輝いていますよ。お子様はもちろん、大人の方も、特にご年配の方は少年時代を懐かしく思い出されることでは?
 強羅にいらっしゃいましたら、やはり「強羅公園」ですネ。ポインセチアで作られた巨大なクリスマスツリー。クリスマス期間は庭園も色豊かなイルミネーションが輝きます。
 強羅から登山バスに乗って「星の王子さまミュージアムへ。夕暮れにはイルミネーションが点灯し、17時からは建物の壁に映像がうつしだされ、「星の王子さま」の世界へタイムスリップしたような気分を味わえます。恋人同士で、ご夫婦で、ご家族で、お楽しみくださいませ。私も(恋人募集中?)行きたいなぁ~(お笑いください)。
 箱根はとても寒くなっておりますが、この季節ならではの澄みきった空に清々しい空気を胸いっぱいに!身体中がリフレッシュいたしますヨ!私が元気なのも「このお陰」かなぁ~、と感じる今日この頃です。
 皆さまのお越しを心よりお待ちしております。(2016.12.16)


 箱根もすっかり秋めいて…と思っておりましたら、朝晩の冷え込みで、早足で深まってまいりました。強羅の紅葉も色づき、10日前後が一番の見頃でしょうか?でも、ご安心くださいませ。箱根は11月いっぱい、あちらこちらで紅葉をお楽しみになれます。
 芦ノ湖の遊覧船に乗って、ゆったり色づいた山々を眺めながらの船旅も「おすすめ」です。開通した大涌谷へ!ロープウェイからは迫力満点の紅葉狩りが楽しめますヨ!バスからもゲーブルカーからも、深まりゆく秋の箱根「紅葉」をご覧になりながら、皆さまのお越しを『蔵のや』でお待ちしております。(2016.11.04)


秋の箱根と云えば仙石原の薄ですが…もう皆さま良~く、ご存じでいらっしゃいますネ。そこで今回の「女将の一言」は、皆さま興味津々の『パワースポット』のご案内ですヨ!
 さて、箱根で強力なパワーを秘めている場所は?それは何と言っても「箱根神社」ですネ!
奈良時代に箱根大神のご神託により、厳しい修行を積んだ万巻上人によって創建され、以来、人々の深い信仰心で変わることなく、今では国内外からも参拝者の姿が絶えません。私たちも時間があればお参りを欠かしません。昨年の大涌谷の噴火騒動の時も大変にお世話になりました。お陰様で大涌谷も鎮められ、ロープウェイ全線開通で沢山のお客様で賑わっております。
 芦ノ湖に浮かぶ赤い鳥居は湖畔沿いの森に鎮まる九頭竜神社本宮の鳥居です。その昔、この湖に棲んでいた大毒龍が人々を苦しめていましたが、箱根大神の霊力を授かった万巻上人が見事に調伏!以来、穏やかな箱根になりましたが、この九頭竜神社の新宮が箱根大神に建てられ、更に強力なパワーが加わりました。
 皆さま、叶えたいお願い事がございましたら、霊験あらたかな箱根神社を訪れてみてはいかがでしょうか?
 女将の私の「おすすめパワースポット」の巻きでした。秋風に誘われて、お越しくださいませ。お待ちしております。(2016.09.20)


  8月16日、箱根恒例「大文字焼き」は台風の影響であいにくの雨になりましたが、何とか無事に行われました。大正10年から続いております、有縁無縁の霊を慰める盂蘭盆会の送り火。7時30分点火で、屋上から明星ヶ岳の中腹に浮かび上がった「大」の字と、打ち上げ花火に、雨に濡れながらも一心に見つめていらっしゃるお客様。幽玄の世界が広がってまいりました。ただ残念なことに、いつもなら屋上ビアガーデンさながら、ビールに枝豆にと賑やかにお楽しみいただけましたのにと…今年の雨を少し恨めしく思えてしまいましたが、待ちに待った送り火をご覧になれ、嬉しそうなお客様のご様子にホッと胸をなでおろしました。
 濡れた体は毒でございます。勿論のこと、その後は皆さま温泉に直行~とあいなりました。「来年は良いお天気になりますように」と、お天気の神様にお願いいたしまして、また皆さまのお越しを心よりお待ちいたしております。
(2016.08.19)


 『蔵のや』から道路を隔てて、お隣の箱根美術館の前から施設巡りバスが出ております。途中の「ガラスの森」の紫陽花は、今でも色鮮やかに咲き、雨に打たれると尚更で、見とれてしまいます。
 最終駅は仙石原。湿生花園では、もう桔梗の花が楚々として咲いております。『蔵のや』のお庭みたいなお隣の強羅公園でも、まだまだ紫陽花が、そしてバラも見事に咲いております。
 お子様には夏休み企画、「カブト・クワガタ展」が7月23日から開催されます。展示、即売のほか、ふれあいコーナーもありますヨ。毎年恒例になっておりますが、お子様には何より嬉しい夏休みの企画ですネ!
 「もう、そろそろかなぁ~」と、首を長くして待っておりますロープウェイですが…早雲山からは、残念ながら、まだお預け。
 さあ皆さま!涼しい高原の風をお感じになりながら、箱根の観光をお楽しみくださいませ。お待ちしております。(2016.07.15)


 紫陽花の季節になりました。お隣の強羅公園の紫陽花も少しづつ咲き始めておりますが、強羅周辺は20日頃が見ごろでしょうか?登山電車沿線は6月中旬頃から開花の時期を向かえますが、こちらもお天気次第でしょうか?
 さて皆さま、今年の「夜のあじさい号」は6月18日から7月3日までですが…『蔵のや』からプレゼントがございます!6月29日お泊りになるお客様、先着4名様に「夜のあじさい号」の乗車券を差し上げます。どうぞ、ご予約の時にお申し付けくださいませ。早い者勝ちでございますヨ~。
 続きまして、屋上に出来ました‶パターゴルフコース″のご案内です。
私、ゴルフをしたことがないのですが…とっても面白いんです!「女将が楽しんでどうする!」とお叱りを受けそうですが、本当に面白くって楽しいんですヨ。遊び方をご伝授いたしますので、お泊りの節は是非ともご利用くださいませ。(2016.06.09)


 今、箱根は若葉がキラキラとまばゆいばかりに輝いております。今日もぬけるような青空の中、思いっきり深呼吸すると身体のすみずみまで命のエネルギーで満たされて穏やかな優しい気持ちになります。箱根で暮らす特権でしょうか?
 ツツジは何処も満開で見事ですが、『蔵のや』のツツジもとても綺麗ですヨ。この時期ならではの新緑と、お隣の強羅公園の藤とバラが5月下旬までそれは美しく咲いております。屋上から眺めると格別でございます。是非、お越しになってご覧になってくださいませ。
 そして…お待たせしております屋上の《プレイコーナー》もいよいよ出来上がります!「どんな遊び場所?」、それはお越しになり皆さまのお目でお確かめくださいませ。温室にも珍しい美しいお花が仲間入りして皆さまをお待ちしております。
 必ずやご満足いただけると、女将の私が請け合います!
 (2016.05.13)


 蔵のやのお隣の強羅公園の桜も満開になり、お花見日和になりました。強い風や雨が降らないで、少しでも長く咲いていてほしいと願っています。
 さて皆さま、お知らせです!長らくお待たせいたしましたエレベーターが来週中にはご利用いただけます!工事中は皆様に大変ご迷惑をおかけいたしました。まだ少し、エレベーター設置に伴い施設を手直ししております。楽しい『お楽しみコーナー』が増えますヨ!どんなお楽しみか?それは…今は内緒ですが…出来上がりをお楽しみに、今しばらくお待ちくださいませ。ご覧になってどんなお顔をなさるのか、私も楽しみです。(2016.04.06)


 強羅の桜もつぼみを付けました。咲きだすのは…あともう少しです。
 神話の時代、木之花咲耶姫(このはなさくやひめ)が富士のお山から種を撒いて日本中に桜の花を咲かせたのだと。富士山のお膝下の箱根ですから特に美しいのもこのお話で納得でしょうか?
 日本人の心の花ともいえる『桜』。華やかな時は短く、潔く散ってゆく様子ははかなさの中に清らかで美しい魂を感じます。だからでしょうか?なおさら惹きつけられてしまいます。その寿命は約80年、花の盛りは樹齢15年~50年の間と云うことから人の一生にも例えられております。
 桜の種類は沢山あり、その花言葉も沢山あるようですが、その一つに『私を忘れないで』という言葉もあるんです。どうぞ皆さま、桜とともに蔵のやもお忘れにならないでくださいませ。心よりお待ちしております。(2016.03.18)


 皆さま、梅の花言葉をご存知ですか?白梅は気品、紅梅は忠実。中国から渡来した梅ですが、日本の風土に馴染み、冬の寒さの中、春の訪れを真っ先に感じで開花する。まさに春を告げる花を私たちは愛してまいりました。
 お花見を云えば「桜」ですが「梅」もこの時期、箱根を訪れるお客様の楽しみの一つなっています。
よく聞かれるのですが私のおすすめは…湯本の早雲寺さんでしょうか。200年を超える古木の白梅は鐘楼前に。銅鐘と白梅の取り合わせはシャッターを切らずにはいられない素敵なスポットですよ。
 未だご覧になっていらっしゃらない方は是非お尋ねください。もう咲き出しておりますが、満開になるにはもうしばらく…でしょうか?
 そして、その後は蔵のやでゆっくりとお過ごしくださいませ。お待ちしております。(2016.02.17)


 皆さま、明けましておめでとうございます。
お正月はどのようにお過ごしになられましたか?今年も箱根は駅伝であけました。そして、見事に青山学院大学が2連覇!
39年ぶりの完全優勝と云う、おまけ付きの快挙でした。「ハッピー大作戦」が実ったとか。監督さんの采配の妙でしょうか?
 私たちもあやかりまして、「ハッピー」な笑顔を常に絶やさず、今年も「蔵のやに来てよかった!」と、おっしゃって頂けるよう励んでまいります。(2016.01.07)


 大涌谷の噴火警戒レベルが2から通常の1に下がり、お客様も「レベルが下がって良かったね」とおっしゃって、私達のことを案じてくださいます。皆さまの優しさに支えられ、私たちは頑張ってこられたのだと…「ありがとうございます」では言い表せない、深い感謝を感じております。
 レベルが下がっても、まだ大涌谷は立ち入り禁止。皆さまが待ち望んでおいでの黒タマゴが召し上がれるようになるには、もう少しのご辛抱を。その代わり、蔵のやの美味しい料理が待っております。
 箱根も一段と冷え込んでまいりました。温泉と温かいお料理で「ほっこり」なさりにお越しくださいませ。お待ちしております。
 『蔵のや』ニュースです!!
 長らくお待たせしておりました「エレベーター」が来年の4月中旬ごろに完成の運びになりました。
本格的な工事はこれからですが、先月の24日に着工いたしました。完成までの間、表の駐車場がお使いになれませんが、代替えの駐車場の用意も出来ております。安心してお越しくださいませ。(2015.12.03)


 朝、晩の冷え込みで、今年は駆け足で秋がやってまいりました。紅葉の色づきが例年になく早まり、仙石、桃源台では紅葉の見頃になっております。
 強羅周辺でも色づきはじめ、上旬から中旬には見頃を向かえることでしょう。晩秋から一気に初冬を向かえそうな気配に、紅葉を楽しみにお越しのお客様がガッカリなさるのではと案じております。
 それでも、箱根には色々な楽しみがございます。観光プランのお手伝いもさせていただきます。ゆっくりお食事を召し上がりながら「明日はどこに行こうか?」と…これも旅の楽しみの一つですね。
 皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。(2015.10.30)


 爽やかな秋の到来です。箱根の噴火も小康状態で、レベルも下がるのではと囁かれていた矢先の11日、3から2に引き下げられ本当にホッといたしました。お越しのお客様もすっかり安心して、ゆったりと過ごされております。このまま無事に治まってくれることを願っております。
 今、むくげと百日紅の花がとても綺麗に咲いております。温室のハイビスカスは八重と一重で咲き誇っています。「沢山のお客様に見てほしいよ~」花たちが私にささやきます。花の心は私の心。どれほど皆さまのお越しをお待ちしていることか。
 お隣の箱根美術館の萩の花も咲き始めて「今年もキレイに咲かせるよ!みんなに見てもらいたいな~」長年のお付き合い、そっと私に語りかけてくれます。仙石原のススキ高原はまさに見ごろ。湿生花園では秋の七草がしっとりと咲いております。
 さぁ皆さま、心ゆくまで秋をお感じに箱根にお越しくださいませ。『蔵のや』を拠点にすれば箱根中をお楽しみになれますよ。(2015.09.15)


 活発だった大涌谷の水蒸気も6月の終わりごろには落ち着き、これでレベルも2から1に戻ると期待しておりました。そんな矢先の30日に再び以前のように水蒸気が活発になり、レベルが3に!
 めげずに頑張ろうと私たち一同、頑張ってまいりましたのに、もう、皆さまに安心してお越し頂く事はできないのか…そのような時にテレビの取材があり、番組をご覧になったリピーターのお客様から「女将さ~んテレビ見たヨ~」「強羅は圏外だから大丈夫だよ!」という励ましを頂戴いたしました。折れかかった心の中に、爽やかで、優しい風となって吹きこんでくれました。
箱根のすべての安らぎを祈念して、箱根の守り神、箱根神社にお参りをしております。
 8月は夏休み、シーズン到来です。ご予約も頂戴しておりますが、まだまだ空きがございます。
皆さまのご予約、お越しをお待ちしております。(2015.07.31)


女将の辻より『蔵のや』の一同を代表いたしまして、嬉しい《ご報告》と残念な《お知らせ》がございます。
 昨年、トリップアドバイザー様から「2014エクセレンス認証」を受賞いたしましたが、今年も同じ賞を連続して頂戴いたしました。口コミをいただきましたお客様のおかげでございます。
 私を含め、皆が喜び、それ以上に責任を感じ、身の引き締まる思いでおります。
このような評価を与えて頂きました事を日々の心の糧として、さらに精進して努めてまいります。
 大涌谷がいまだに活発な活動を続けておりますが、強羅は至って平穏でございます。私たちも元気いっぱいで張り切ってお客さまをお迎えしております。

 エレベーター着工は6月中旬とし、完成は今年の秋季シーズンに合わせる予定でございましたが、「口永良部島の大きな噴火」「関東地方から全国に及んだ大きな地震」が起こり、箱根の火山活動の「終息ニュース」も今しばらく延期されそうな気配です。
 紅葉時にはと、私たちも楽しみにしておりましたが、もうしばらくお客様にもご辛抱いただく事となりました。着工の暁には、お知らせいたしますので、楽しみにしてお待ちいただければ幸いでございます。(2015.06.04)


 大涌谷の活動が活発になり、今、箱根は大変に厳しい状況ですが『蔵のや』の私達は毎日、元気いっぱいでお客様をお迎えしております。源泉は大涌谷からではありませんので、温泉もいつもと変わらず湯量も問題ありません。
 心配そうにお越しのお客様も『蔵のや』ですっかりくつろがれ、笑顔でご出立!大涌谷の観光はできませんが、強羅周辺には安心して楽しめるコースが色々ございます。今ならではの箱根の観どころもご案内いたします。
 “美人の湯”と“板長自慢の初夏の美味コース”で皆さまをお待ちしております。(2015.05.15)


 箱根山を順調に登ってまいりました「桜」。ただいま強羅や宮城野あたりが見ごろを迎えつつあります。登山電車の強羅駅ホームからも満開の桜をご覧いただけます!
 『蔵のや』のプレイルームがオープンいたしました。町のカラオケ屋さんとは一味違った「おもむき」のあるカラオケルームと、一卓しかございませんが、落ち着いた個室の麻雀ルームです。どうぞ皆様でお楽しみください。ご到着時にフロントにて、ご予約承ります。「桜」と一緒に『蔵のや』一同、心よりお待ちしております。(2015.04.07)


 東京の桜は「満開」とのこと。花見の宴でさぞや賑やかな事でしょうネ。
 箱根でも、湯本の正眼寺さんの「桜」は満開に!強羅公園の桜はやっと、「チラホラ」咲き始めました。箱根の桜はこれからが本番。桜は箱根山をゆっくり登ってきておりますので、「あちら」「こちら」で一月はお楽しみになれます。どうぞ『蔵のや』を拠点に、色々な種類の桜を愛でてくださいませ。お待ちしております。(2015.03.31)


 箱根山の桜は毎年、麓の湯本から咲き始め、ゆっくりと山を登って参ります。湯本もまだ「つぼみ」です。
少し寒くなって…咲き始めは来週になるでしょうか?例年なら4月の中旬には強羅公園でも満開の桜をお楽しみになれるのですが…。私達も毎年、お客様のお越しと伴に、心待ちにしております。
 今年は「蔵のや桜」もつぼみを付けて、ちらほら咲き始めました。早咲きの桜のようです。
 まだ、まだ若木の「蔵のや桜」ですが、それでも精いっぱい可憐な花を咲かせます。ぜひ『蔵のや』で、この桜を愛でて頂けましたら嬉しゅうございます。
(2015.03.24)


この時期ならではの「お楽しみ」イベント情報です。
『箱根ガラスの森ラブツリー』今年はカップルで登場です。その名も「ロミオ」と「ジュリエット」!
バレンタインはガラスの森美術館ですネ!3月15日迄やっておりますヨ。
 そして、ここからが私が皆さまにお知らせしたかった事。
『蔵のや』にも「お楽しみ」が登場します。遊び場がなかった『蔵のや』でしたが…
プレイルームがオープンいたします(3月オープン予定)。
1室は麻雀室、もう1室はカラオケルームです。どうぞ、楽しみにしてお待ちくださいませ。
(2015.02.06)


皆さま、明けましておめでとうございます。「おめでとう」といいますのは、芽が出て伸びてってほしいと云う“来る時への願い”なのだと…教わりました。ヒツジさんのように穏やかで優しい年になってくれるよう願ってやみません。
 昨年12月に新人さんが『蔵のや』にやって参りました。もうすっかり馴染んで、一員になってくれています。大きく伸びていってくれる事でしょう。期待しております。
 今年の駅伝、5区山登りの新記録!ご覧になりましたか?「新・山の神」の登場ですね!
今、この時期ならではの“お楽しみ!”それは…富士のお山です。澄み渡った青空にクッキリと浮かび上がった「富士のお山」。
空気がピリッと少し寒いですが『蔵のや』は皆さまをお待ちしております。(2015.01.06)


紅葉の木々も少しずつ葉を落とし、やがて裸木に…そうして冬支度を終えた一つひとつの木は、命の火の穂を
内に秘め、やがて訪れる春を待ちます。箱根の冬は寒くても、この寒さが瑞々しい新緑の源になるのです。
私もこの木々に負けてはいられません。縮こまりそうな首をスッくと伸ばすと、何とも言えず清々しい気持ちになります。外は寒くても『蔵のや』は暖かく、お湯の温もりと暖かいお料理が、きっと皆様をお癒しできる事でしょう。(2014.12.05)


箱根はすっかり秋模様。もうモミジがちらほらと色づいております。今年は秋が駆け足でやってきました。
お隣の箱根美術館の「秋の七草」萩はそれは見事です。仙石原のススキも緑のススキと黄金色に色づいたススキのコントラストがとても綺麗。『蔵のや』で秋を満喫なさって、仙石原に足を延ばし、初秋のススキ草原をハイキング!はいかがですか?そして夜は『蔵のや』の爽秋美味コースで「秋」を丸ごと味わってくださいませ。(2014.09.19)


女将の辻でございます。「エクセレンス認証」を頂戴して以来、お客様の「おめでとう!」のお言葉に嬉しいのは勿論ですが、身の引き締まる思いでおります。今までもこれからも『おもてなしの心』に「もうこれでお仕舞い」と云う言葉はございません。日々、責任の重みを感じておりますが…重圧!?とんでもない!『蔵のや』で皆様をお迎えできる喜びの方がはるかに大きく、「私、幸せ」と小さく呟く毎日です。さぁ、夏本番!箱根で夏休みを、そして『蔵のや』で思い出作りをなさいませんか?心よりお待ち申し上げます。
(2014.07.15)


今回は女将からの一言ではなく、『蔵のや』一同から皆様に嬉しいお知らせがございます。
『蔵のや』は世界最大の旅行サイト「トリップアドバイザー」の「2014年エクセレンス認証」を受賞いたしました!!
「エクセレンス認証」は世界中の施設の中で最高のサービスとホスピタリティを提供し、トリップアドバイザーの口コミで一貫して高く評価されている施設に与えられる賞です。
この『エクセレンス認証』を獲得できたことを、蔵のやの私達は誠に光栄に思っております。
これまで『蔵のや』を訪れトリップアドバイザーで口コミを投稿してくださったお客様に深く感謝申し上げるとともに、これからも「温かく、優しい、心からのおもてなし」をモットーにこの受賞に恥じぬよう精進してまいります。どうぞ、これからも『蔵のや』をご愛顧くださいませ。(2014.06.04)


強羅公園のツツジは見ごろを過ぎ、アジサイが待ち遠しい今日この頃です。
箱根の新緑は一日一日、色を変え輝きを増しております。屋上からの眺めはここで毎日を過ごす
私たちにも、飽きることなく、とても新鮮で、活力の源になっております。
この活力を皆様にもお分けしたい…どうぞ『蔵のや』にお越しくださいませ。(2014.05.28)


暖かくなりました。強羅の桜のも散り始めましたが、恩賜公園の桜は今、満開。
畑宿のヤマザクラはちらほらで、まだまだお楽しみになれます。五月になったらいよいよツツジの季節。
六月中旬からはアジサイ…四季折々の花が咲き乱れる箱根で、皆様をお待ちできる幸せを感じる毎日です。
お好きなお花をご覧に箱根へ『蔵のや』へお越しくださいませ。(2014.04.18)


ようやっと春めいてまいりました。例年になく雪の多い箱根で、皆様にもご迷惑をお掛け致しました。
でも、あと一息で春本番。箱根湯本の早雲寺さんや正眼寺さんの桜はつぼみを付けております。
強羅の桜はまだまだですが…春めいた空気に「ホッ」として、寒くて縮んでいた首を伸ばして皆様のお越しをお待ちしております。(2014.03.18)


旧年中は皆様には蔵のやをご愛顧いただき、誠にありがとうございました。
新しい年が明け、蔵のや一同、気持ちも新たにお客さまに喜んで頂けるよう努めて参ります。
箱根は駅伝で明けますが、この時期は静かな箱根。ゆっくり、のんびりの温泉三昧には最高の季節でございます。
皆様のお越しを首を長くしてお待ちしております。
(2014.01.16)


天上の女神さまの涙が星になって輝くと云われる冬銀河!!
『蔵のや』自慢の温泉で火照ったお体を、屋上で、冬銀河を見上げながら、お冷ましになりませんか?
冬は大気が澄み、凍空の星の光は鋭く、昴やオリオン座もすぐに見つける事が出来ます。
冬銀河をお楽しみの後は、美味しいお料理で心ゆくまでお楽しみくださいませ。(2013.12.06)


箱根は朝、夕には肌寒さを感じる季節になって参りました。
昨年より早くお隣の箱根美術館の紅葉が秋色に染まりだしております。
今回は女将自ら『温泉ソムリエ』になり、皆様に蔵のやの温泉のご案内です。
お湯の成分は主として「塩化物泉」で海水の成分を多く含み血液の循環を促進させ、殺菌力、鎮静効果があります。虚弱体質、慢性婦人病にも効能があり、美人の湯と呼ばれておりますよ!女性の皆様、いざ『蔵のや』へ。私たちも、この温泉のお陰で「ツルツル」「ポカポカ」の毎日です。
(2013.10.04)


『蔵のや』にはどこの旅荘にもない、絶対素敵な屋上ガーデンがあります。
ガーデンには温室があり、樹齢80年の巨大なブーゲンビリアを
中心にパッションフルーツ、ハイビスカスなどが咲き乱れております。
デッキの角には今年も箱根の天然記念物サンショバラが
淡いピンクの花をつけて優しく咲いています。
 毎日の水やりは私の仕事。「元気ですか?偉いですネ」と
声をかけると「ありがとう!」と答えてくれます。
私に元気をくれる、楽しく、嬉しいお仕事です。
皆さまも『蔵のや』へ。そして、屋上ガーデンでおくつろぎ下さいませ。(2013.06.13)


 女将の辻でございます。
強羅の四季の移ろいは、東京より「ひと月」遅れて参ります。
蔵のやの屋上から眺める明星ヶ岳も一面若葉色に変わり、大好きな春が風に乗って巡って参りました。
「青空に映える桜」「出番を待ちかねたようなサツキ」と「風に揺れる山吹」がみんな「私が一番よ!」と囁いています。
山里の自然と大切なお客様に囲まれて、女将の私は蔵のやの「一日暮らし」を「私は幸せ!」の中で満喫しております。
皆さまのお陰でございます。ありがとうございます。
(2013.04.25)


板長からの一言

 暑中お見舞い申し上げます。
猛暑が続き、例年になく厳しい夏になっていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 夏の美味コースが始まっています。ひと時でも暑さを忘れ、身体の中を爽やかな風が吹き渡るようなお料理をと、工夫いたしました。もちろん「見た目」は大事です。目にも涼しくと、心掛けて作りました。
 「どんな料理?」そ・れ・は…蔵のやにお越しくださって「ご堪能」ください!お待ちしております。(2018.07.20)


 新緑が耀き、風薫る5月になりました。蔵のやのコース料理も、この季節にふさわしい新メニューに!
 「陽春の美味コース」が始まっています。春の息吹と爽やかさを、旬の食材を使い盛り込みました。目にも楽しく、美しく盛り付け、嵐自慢の春のコースになりました。
 ここで一例のご紹介~
小鉢のジュンサイとフカヒレの煮こごりにコーンスープを掛けて召し上がってください。「へぇー、それは珍しい!?」でしょう!既に大好評です!お造りも3種類の食材にそれぞれの味付けをしております。
 お後は…『蔵のや』にお越しくださいまして、お味わいください。短い首を精いっぱい長くして、お待ちしております。(2018.05.08)


 『早春の美味コース』が始まっています。今回も好評で、この寒さ(今年は特に寒いです、ゾクゾク)でこわばっていた嵐の顔が嬉しくって♪雪解け状態です。
 2月も終わると箱根にも春の足音が聞こえてきます。寒さも暖かさの前触れです。美味しいこの季節の空気をいっぱい吸い込んだら、お腹がペコペコになりますヨ。
 空腹が一番のご馳走!?とんでもない!「蔵のやの料理はお腹がいっぱいでも、次から次へと食べられる」と噂になっているとか、なっていないとか?
 今回のコースはどんなお料理?…それは…お越しになってからのお楽しみに!(2018.02.21)


 名残の秋を楽しむ暇もなく、師走に入り箱根も冬のシーズンを迎えます。料理も秋から冬へと衣替え。
 『冬隣の美味コース』のご案内です。前菜の柚子釜盛りに続きまして「茶碗蒸し」の登場です。「代り映えしないわねェ」そうおっしゃるだろうと…さて、その中身は?河豚と白子入りと聞いては「あらッ珍しい~」となりませんか?
  さて、お造り、魚料理も終わり、「あんこう鍋」の登場です。あん胆味噌仕立てで召し上がってください。あったまりますヨ~。締めのお食事はこちらもチョッと珍しい「海老醬うどん」になります。オッと、忘れてはいけませんネ、申し訳ありません。締めの締めはデザートです。最後まで召し上がってください。
 温泉で温まり、嵐の料理で「ホッカホッカ」、冬の箱根も『蔵のや』に入れば身も心も「ポッカポカ」。お客様の笑顔で嵐の心も「ポッカポッカ」です!(2017.12.05)


 食感・口当たり・見た目の美しさ・香り、そして・・なんといってもペロリッと食べられるほど『美味しい!』これこそが蔵のやの料理を任されている私の使命で、生き甲斐です!それでも、時には料理の奥の深さに「参った」と匙を投げる、いえいえ、包丁を投げてしまいたい・・こりゃー物騒な。私「嵐」は名前とは裏腹の静かな優しい男子ですから、料理人の命を粗末にすることは絶対ありませんよ。
 前置きが長くなってしまいましたが、9月から始まりました『爽秋美味コース』の中から、嵐の一押し、二押し、三押しのご紹介です。
 まず、玉蜀黍の冷製スープ。トウモロコシ本来の持つ味、香り、おいしさを最大限に生かすのは?突き詰めたら、摩り下ろすといういたってシンプルな料理に。「トウモロコシの美味しさが良く生きている!」と、これは召し上がられたお客様のお声です。嬉しいです!
 さて続きまして、二押しはお造りです。スズキを焼霜にしました。うろこを取って三枚おろしにして皮を付けたまま皮目だけを強火で短時間で焼くと焼霜造りの完成です。皆さまの大好きな鮪に烏賊もお供につけております。ちょっと横道にそれますが、このスズキ、ブリと同じように成長と共に呼び名が変わる出世魚。5㎝前後は「ヒカリゴ」10㎝前後で「コッパ」1~2年たって25㎝になると「セイゴ」2~3年で30~40㎝で「フッコ」または「ハネ」そして、4年以上たって体長が60㎝を超えると『スズキ』と呼びます。ビタミンDが豊富で勿論DHA・EPAもたっぷり!骨粗しょう症予防にも召し上がってください。
 喉ごしの良いお料理に熱々のお鍋。秋のコースは牛肉の柳川鍋です。トロトロと煮込んでたっぷり染み込ませた牛肉の旨味をご堪能ください。
 
 (2017.09.11)


 皆さま、「初夏の美味コース」始まりました。初夏の風情を盛り込んだ、自信のメニュー!前菜からデザートまで9品になります。
 お味は?もちろん!いつもの嵐の優しい味付けなんですが…今回、チョッと変わったお味のお料理をご提供しております。その名も「海老と湯葉のクリーム仕立て夏野菜添え」。美味しそうでしょう?いえいえ、本当に美味しいんです!
 お肉料理は豚の三枚肉に梅肉をはさみ、大葉で包んで揚げた天麩羅。先付はトウモロコシをすりおろし、豆腐仕立てに。上には旬のじゅん菜をのせております。
 ここで、少々ウンチクを。このじゅ菜、スイレン科の水草の一種です。決して珍しい植物ではないんですが、食用にしているのは世界でも中国と日本くらいなんです。寒天質で覆われた若芽は日本料理の食材として珍重されています。
 何とも言えない食感です。お味わいください。初夏に涼やかさをお感じいただけるでしょうか?お食事は冷やし稲庭うどんを雲丹ソースで召し上がってください。
 締めのデザートは…?『蔵のや』でご賞味ください!お食事の終わりには、この嵐に是非とも一言ご感想をお聞かせください。お待ちしております。(2017.06.19)


 陽春の美味コースが始まりました。始まったばかりですが大好評で、ホッと胸をなでおろしております。
春気分満載の前菜からデザートまで9品のコースです。
前菜の筍に始まり、お造りは桜の花びらのように繊細な鯛の薄造りに、皆さまがお好きな鮪と甘海老をお供につけております。
 さて、ここで嵐の一押し~をご案内いたします。
春ですね~。ポカポカ陽気に誘われて美味しそうな鴨が葱をしょってやって来ました。ので…嵐、『お鍋』にしてしまいました!これが何と(手前味噌になりますが)ホント美味なんです!春になっても『お鍋』は良いものです。そしてお食事は、今が旬の小田原産鯵の胡麻漬け茶漬けを召し上がってください。お腹がいっぱいでも何杯でもお替りできるほど美味しいですヨ~。もちろん締めはデザートが待っております。
 それでは皆様、いつものように「優しいお味」でお越しをお待ちしております。(2017.04.18)


 皆さま、箱根にも春の訪れが…その先駆けを『蔵のや』が務めます。春を呼ぶ料理人“嵐”参上です!
 『蔵のや』で一足早い春をお楽しみください。箱根の春と言ったら?この嵐の作る料理に決まっております。その名も「早春の美味コース」。
 まず前菜に登場いたしますのは、「くわいの珈琲煮」。これはチョッと珍しい…変わった味?とんでもない。珍味ではありません。美味でございますヨ~。
 まだまだ「アッツ温」のお鍋が恋しいこの季節。優しさの中にも濃っクリとしたお味で、ワインはもちろん、日本酒にも相性抜群です。でも、何が一番って、それは…ご飯です!進みに進んでお腹いっぱいに。
 身も心もご満足いただけましたら、後はゆっくり、ゆったりお寛ぎを。そして…良い夢をご覧ください。翌朝は大評判の「朝ごはん」で幸せ気分をお味わいください。お待ちしております。(2017.02.02)


 平成29年も晴天に恵まれ、澄みきった空にクッキリと浮かび上がった富士のお山を仰ぎ「パンパン!」と柏手を打ち、ゆく年くる年の感謝と祈念をいたし新年を迎えました。
 皆様、新年明けましておめでとうございます。
 私、嵐の一番の幸せは、お客様の「美味しい~!」とおっしゃって、弾けるような笑顔を拝見した時です。「生きていて良かったな~ぁ」と、つくづく実感する瞬間です。今年もこの一瞬、一瞬を大切に、皆さまにご満足いただける料理をお作りして『蔵のや』でお待ちしております。(2017.01.06)


 秋も深まり、紅葉も真っ盛りになりました。箱根にも冬の気配が漂って来ています。
 『蔵のや』も爽秋の美味コースから深秋の美味コースに衣替えです。旬のお刺身に、やはりこの季節「鍋』は欠かせませんネ。漁師風鍋と銘打ちました魚介の寄せ鍋は嵐自慢の「優しいお味」に仕上がっています。牛サーロインの朴葉味噌焼きに、エトセトラ…、そして締めのデザートは?初登場のチョッと珍しい薩摩芋の白玉汁粉ですヨ!
 温泉に、選りすぐりのお酒に、嵐が腕によりをかけた料理で皆さまのお体もお心も「ホッカホカ」にいたします!
(2016.11.17)


 涼やかな秋風に済みきった空。私のような季節となりました。えっ!?春風ような嵐ではなかったかって?失礼しました。いいとこどりの「嵐」でした。
 皆さま、『爽秋の美味コース』が始まりました。「天高く馬肥える秋」まさに「食欲の秋」!体重なぞお気になさらず、おおいに召し上がってください!
 ではこのコーナーを借りまして、少々ご案内いたします。秋をご堪能いただけるような前菜から始まり、御食事は「松茸に秋の茸の炊き込みご飯」。締めのデザートは「栗のババロア」と『秋満載!』です。メイン料理は是非『蔵のや』で。お楽しみください!お待ちしております。
 (2016.09.12)


 『初夏の美味コース』、まだ始まったばかりですが、「美味しい~」とお客様の有り難いお声が届いております。嬉しくって、嵐の頬は緩みっぱなしです!
 では、このコーナーで嵐の『一押し』をご案内いたします。炊合せは「夏野菜と銀鰈の煮合せ」です。出し汁にこだわった一品です。薄味ですが、きっとご満足いただけるとことでしょう。そして、得意中の得意、「揚物」の登場~。大皿盛りの桜海老のかき揚げを筒揚げにしてあります。サクッ、サクッと崩しながら召し上げってください。お腹が大満足なさること請け合います。そして、お食事はサッパリと「とろろ汁かけ蕎麦」です。もうお腹いっぱい、とおっしゃる方も、これが不思議にツルっと入っちゃうんですヨ!
 いかがですか?「蔵のや行って、食べたいなぁ~」と思いになりましたか?では、早速のお越しを~。お待ちしております。(2016.06.21)


 「陽春の美味コース」が始まりました。風薫るこの季節にふさわしいお料理とを、嵐が腕によりをかけて作りました。私の一押しは、蕎麦がきと鴨鍋仕立ての五徳料理です。「アツアツ」を「フーフー」しながら召し上がってください。オッとご注意!お口の中が熱々になりませんように、お気を付けください。
 今回の焼き物は、「鰆のけんちん焼き」。筍と魚介の木の芽味噌にチーズをのせて焼き上げています。少々工夫を凝らして作ってみました。                               
 最後のデザートはホワイト生キャラメルプリン。お口の中でとろけますヨ。いかがでしょうか?ホンの一例ですが、今回のメニュー、「食べてみたいなぁ~」と思っていただけましたでしょうか?
 それでは早速、お越しくださいますよう、そして是非ともご感想をお聞かせください。(2016.04.27)


 少しずつ、少しずつ箱根にも春が近づき、春風のような嵐の大好きな春の到来です。
 健康志向の昨今、濃いめの味は敬遠されますが、その点、嵐の味は大丈夫。体にも心にも優しい味になっています。安心して召し上がってください。メニューも新しくなり、その名も「香春の美味コース」。
春を感じて作りました、一品一品。中でも箱根銀豆腐に雲丹餡をかけた小鉢は一口一口ゆっくりと味わいながらご堪能ください。春一番は吹きましたが、まだまだ冬のような寒さを感じる時もございます。デザートの前のお食事は〝アッツ温”のお饂飩を胡麻だれにつけて召し上がってください。
 ご感想を『蔵のや』で直接お聞きするのを楽しみに、お待ちしております。
 (2016.02.17)


 明けましておめでとうございます。
皆さま、どんな初夢をごらんになりましたか?嵐の初夢は…蔵のやの食事処にお客様が押し寄せて「美味しい!美味しい!もっと、もっと」の大コール!!「これ以上は作れませ~ん。カンベンして~」と言いながら逃げ出すという…こんな目にあってみたいなぁ~。
 もっと美味しい料理を作りなさいと云う神様のお告げでしょうか?よし!頑張るぞ!今年も精進してまいります。沢山のお客様がお越しくださることを祈りながら、お待ちしております。(2016.01.07)


 箱根の紅葉も見頃を過ぎ、冬の到来を告げております。でも皆さま、「冬紅葉美味コース」は本番真っ盛りです。
 前菜は最初に召し上がりますから、これが美味しくないと後が続きません。嵐が一番、神経を使うところなんですが…今回も好評でホッとしております。温菜は「白子入り茶碗蒸し」。生海苔餡がお口いっぱい広がって、思わず頬が緩むこと請け合い!これは召し上がられたお客様のご意見で、私の独りよがりではありません。嬉しいお客様の「お声」です。
今回、珍しいデザートをご用意しております。その名も「酒粕プリン」。珍しさもあり、「美味しい!」とこちらも好評です。
 お夕食ではありませんが、おひとり、お一人に釜炊きの御飯を召し上がっていただいております。普段ご飯を召し上がらないお方も喜んでくださる、蔵のや自慢の朝食メニューです。
 まだまだお話ししたいことが山ほどありますが、後は蔵のやで。お待ちしております。
(2015.12.10)


 本日より「冬紅葉美味コース」が始まります。どのようなご評価を頂けますか…嵐の自信作ではありますが、お客様が召し上がっていらっしゃる「笑顔」を拝見するまでは落ち着きません。
 「深まりゆく秋」と「はつふゆ」を向かえる『今』に相応しいコースになっております。蔵のやでゆっくり味わってください。お越しをお待ちしております。(2015.11.12)


 秋の気配を感じながら、嵐が考えました秋のお料理。爽秋の美味コースが始まりました!
一品、一品に爽やかな秋を盛り込ました。もうすでに大好評!
猛暑の後に目にも舌にも涼やかさを感じて頂き、温かな一品には深まりゆく秋を感じて召し上がれるよう、工夫いたしました。
 皆さまの楽しそうなお食事風景が嵐に与えられた「ご褒美」です。沢山のお客様にお越しいただき「この秋」の美味コースをご堪能ください。
(2015.09.15)


 夏の美味コースが始まっております。箱根の噴火の影響でお客様が少なくなっておりますが、嵐の料理は手間をかけた創作会席。更にこのところ「伊豆からの鮮魚」を旬の便りとして取り入れています。
 お客様から「オ~ケ~ェ!満足~!」とか「ウ~ん、美味~」などと、評価をいただけるように、ガンバります!
 この『蔵のや』は頑丈な建物で、もしもの時の避難場所にも指定されているんです!どうぞ皆さま、安心して「嵐」の夏のコースをお楽しみに、お越しください。決して長くはない“この首”を伸ばしに伸ばしてお待ちしてます!
(2015.07.24)


 5月から「初夏の美味コース」がはじまっております。トリップアドバイザーの口コミサイトで「大満足の料理でした」、「華やかではないが、まずまず」、「手の込んだもので美味しくいただき…」と評価をいただきました。「蔵のやは料理が素晴らしい」との良い評価が続くよう、これからも一品、一品、心を込めて努めてまいります。
 只今、箱根は大涌谷の活発な火山活動で騒がしくなっておりますが、『蔵のや』は水蒸気噴火地から2,2キロと離れ、源泉も早雲山からひいてますから、全く安全です。
「温泉でホッこり」した後は、嵐の「初夏の美味コース」でゆっくりとお楽しみください。
 決して長くはない嵐の首“この首”を精いっぱい伸ばして、皆さまのお越しをお待ちしてます。(2015.05.15)


 大好評の「春の美味コース」。お客様の「美味しい」の声、声、声でこの「嵐」の顔がホコロビっぱなしです。
 一番人気は?なんと!「菜の花とシラスの御飯」。イエ、イエそれ以上に好評なのが「烏賊団子入り焼きネギ鍋」なんです。他のメニューだって負けておりません。嵐、胸を張ってご提供いたしております。
ですが…内心は…「ホッ」と胸をなでおろしています。
 さて、この大好評の春のメニューも終わりに近づいて…召し上がるんでしたら、今のうちですヨ~。
 (2015.03.24)


 嵐にも負けず、寒さにも負けない『蔵のや』板長、嵐です!
最近の口コミに「蔵のやの朝食がおいしい!」と書き込みがありました。嬉しいです!「頑張るゾ」と気合が入ります。
 早春美味コースがはじまりました。この時期ならではの食材で「早春の香り」をお届けいたします。
お楽しみください。そこで、嵐からの一押しは?「全部」です!自信を持ってすべて美味しいですよ。
 まずはお越しを~。(2015.02.06)


 板長の嵐です。旧年中は誠にお世話になりました。
昨年は身体をこわし、この場所にいられなかった嵐。今は健康を取り戻し、『蔵のや』の板場で腕を振るえる“喜び”に浸っています。
皆さまから「美味しい!」、「綺麗!」と言って頂けるよう、頑張って参ります。本年もよろしくお願い申し上げます。
 「冬の美味コース」はご好評をいただいております。寒い冬を乗り切るには、滋味たっぷりのの「温かい料理」。薬膳風牡蠣の雑炊は“嵐の一押し”です。アツアツをゆっくりと召し上がってください。
 湯気の向こうにお客様の笑顔が…願っております。(2015.01.08)


冬の美味コースが始まりました。寒い冬を温かく、季節を盛り込み、嵐が自信を持ってお作りしております。
この場を借りて少々お料理の紹介を…
冬の美味コース料理のほかに2000円(2名様より承ります)のグレードアップ料理がお楽しみいただけます。金目鯛の煮つけ、サザエのつぼ焼き、ズワイの焼き蟹、ほかにも「お任せ板長のおすすめ」がお選びいただけます。ご注文はお電話で。そして、活き魚のお好きな方には舟盛りもご予算に応じて承ります。
さらに、連泊のお客様には変化とボリュームのあるコースをご用意いたしております。嵐の自慢の料理をご堪能ください。(2014.12.05)


涼やかな秋風に乗って春のそよ風「嵐」が戻って参りました。皆様お懐かしゅうございます。
このコーナーにカンバックする「この日」を一日千秋の思いで待っておりました。
訳ありまして離れておりましたが、一日として『蔵のや』の事を忘れたことはございません。
戻りたい一心で頑張り、この度やっと、また『蔵のや』の厨房で腕をふるうことが出来るようになりました。
 私のカンバック一作目は「爽秋美味コース」です。板長嵐の一押しは?それは箱根の豆腐を使った豆腐カツを目の前でアツアツに。そこに玉子をトロ~リと、そしてフワフワの中にお口の内に…《おすすめ》です!
さぁ、「秋」を味わいに『蔵のや』へ是非、お越しください。お待ちしてます。(2014.09.22)


夏のお楽しみメニュー《夏色美味コース》もう既に大好評!一番人気は「大海老の天麩羅」それに続くは「厚切り牛肉の温泉蒸し」胡麻の風味とポン酢の爽やかさでこちらも好評です。箱根の山の中でも小田原直送の新鮮なお造りにと、前菜から始まり最後のデザートまで、夏の味覚を「ほおばり」に『蔵のや』へ!お待ちしておりま~す。(2014.06.27)


箱根もだんだんと温かくなって来ました。これから春本番を迎えます。
『蔵のや』では春一色の美味コースが始まっております。筍に桜道明寺蒸し、山菜の天麩羅etc.
春をほおばりにお越しください。(2014.03.18)


旧年中の感謝と新しい年のご挨拶を申し上げます。今年も何とぞ宜しくお願いいたします。
冬の美味コース、皆様に喜んで頂いて板長としてこれ以上の喜びはありません。
これからも心を込め「美味しい!」「蔵のやへ来て良かった!」と喜びのお声を賜れるよう努めて参ります。
(2014.01.16)


冬の美味コースが始まりました。板長、嵐の“いちおし”は鰆の柚子味噌焼き。
旬の牡蠣も添えております。美味しいのは勿論ですが、辛口の日本酒との相性も抜群!です。
嵐の「個人の好み」は蔵のやの塩化ナトリウム物泉の温泉で蒸し上げた絶品の豆腐です。
女性の方々の肌を優しく、柔らかくする成分が料理の中にも伝わっているようです。
最後のお食事は紅鱒御飯。こちらも、今冬の美味コース、自慢の一品です。
是非『蔵のや』へお越しになり、ご堪能ください。(2013.12.06)


爽やかな秋本番!『爽秋美味コース』が10月4日からスタートいたします。
「秋刀魚柚香焼き」「無花果湯葉包み揚げ」「牛肉と茄子の朴葉焼き」「栗ごはん」などなど…
秋の味覚満載!美味しい日本酒をお伴にご堪能ください。お越しを心よりお待ちしております。(2013.10.04)


夏本番!板長の嵐です。『蔵のや』の食事処は、古民具を使い「個の雰囲気」を装っています。
この食事処で私が腕によりをかけた料理を、夏の暑さを一時忘れて味わってみてください。
お子様の大好きなメニューと大人の味を堪能できる盛夏美味コースで皆様をお待ちしています。(2013.08.08)


 伊豆箱根の初夏の味、早川の鮎。御殿場の地野菜を使った
私の手をかけた料理を箱根の自然と共に味わってください。
 新しい試みとして、連泊のお客様には、当社直営の
『新橋 ピアシス』のメニューを中心に提供させて頂きます。
お越しいただき、ご堪能ください。(2013.06.13)


 蔵のやの板長、嵐です。名前は嵐でも至って穏やかな春風です。
「新橋 蕪庵」で鍛えた会席料理に…箱根と伊豆の初夏の食材を吟味して9品のコース料理をお楽しみください。
伊豆朝採りの魚、桜海老と生海苔のつまみ揚げ、高座豚のみぞれしゃぶしゃぶ等ご賞味ください。
(2013.04.25)


お酒のコーナー

 「おすすめ日本酒」更新しました~。今回は、日本全国から超お値打ちの銘酒を取り揃えました。
 中でも人気の雨後の月「十三夜」ナンとも粋な名じゃ~ござんせんか!?飲みやすくて、アルコール度数も13度ですから女性の方に特に「おすすめ」です!
 「美人」と名のついた銘酒は2種類。南部は岩手(その名の通り)で、東洋は山口県、甘く優しい美人じゃぁござんせんヨ~、辛口美人でございます、ご用心を!お後は…『蔵のや』でお楽しみください。
 さてここで、とっておきのご案内、プレミアム日本酒。今回は6種類ご用意いたしました。お酒好きには堪えられませんヨ!是非、一通りお味わいください。エッ?そんなに飲めない?…ですよネ(汗)
 さぁ皆さま、お好きなお酒を心ゆくまでご堪能ください。山田がナイスチョイスいたします!(2018.06.05)


 『今月のおすすめ』‥山田、苦心の傑作!蔵のや新登場~、その名も「2016年伊勢志摩サミットで提供されたお酒」その中から選りすぐりました4銘柄をご提供いたします。
 三重の生んだ名酒が要人たちを心地よく酔わせ、サミットを大成功に導いた!とか??
 そのサミットで、ワーキングランチ初日の乾杯酒『作(ザク) 雅乃智(ミヤビノトモ)』は口中に含んだ時は花の香り、喉でバニラの香りとなり、味わいは絹のように滑らかだとか。食前に冷やしてワイングラスで乾杯~!いかがでしょうか?山田のおすすめです!
 さて、初日ディナーの乾杯酒に選ばれましたのが『半蔵』なんですが‥外務省のホームページに紹介された途端に電話・メールが殺到、翌日には完売になるという…「恐るべし~!半蔵!!」。今回、蔵のやに登場です。他にも福島の美味しいお酒をお安く取り揃え、皆さまのお越しをお待ちしております。
 但し…毎度で恐縮ですが「売り切れ御免!」山田でした。(2018.02.22)


 さぁ~、皆さま、「今月のおすすめ」は?前回に続き平成29年全国新酒鑑評会 金賞受賞の銘品の中から今回は我が古里、「福島」のお酒を取り揃えました。
 その中から、山田のイチオシ!は?『国権』。一度飲んだ人の心を掴んで離さないと評判の銘品です!
 何でそんなに美味しいの?かって?う~ん?…一つだけ、この山田でも知っているのは「水質」。奥会津の水は超軟水。硬水と比べて発酵が遅く、時間がかかる、それがイイんです。ゆっくりと進む発酵の中できめ細やかで繊細な「国権の酒質」に仕上がっているというワケなんですネ~。あとは…それは酒造りに携わる人の「こころ」が一番かな~?
 「国権の酒はどれを飲んでもハズレなし」と言われていますが、今回ご用意したのは「純米吟醸』です。
今風の純米吟醸を飲みなれていらっしゃる方には期待外れ?そうなんです!骨太の昔からの男酒という感じ。人肌、ぬる燗で飲むと、米の香りがして、特に和食との相性「バッチリ」!甘めの純米吟醸ばかりじゃあない!と『蔵のや』で「知る」と言う訳です。
 山田のニオシ!は?「金澤屋」純米吟醸。米のふくよかさを感じながら後味のキレ抜群。「辛口」ですが、軟水で仕込まれているから口当たりは滑らか、口に含むと米の旨みがじわじわと…最後はサラッと切れ味抜群!という次第。冷で飲めば「サラリ」、ぬる燗なら旨みが「ふわり」なんですヨ~。山田「びっくり」の旨さでした!
 最後はとっておき!プレミアム日本酒に『十四代』。名酒は数々あり、蔵のやの酒はどれをとっても「旨~い」はずなんですが…『十四代』の人気は「底なし」なんですネ!?「無いの?」「無いの?」と言われ続け…再々…登場~!と相成りました。但し、いつもと同様、売り切れ御免!申し訳ない…山田でした。

(2017.12.07)


 皆さま~、やりました!!平成29年全国新酒鑑評会で福島県が都道府県別金賞受賞数で1位を獲得しました!我が故郷、「福島バンザーイ!」。もう山田、嬉しくって夜も寝ないで福島のお酒を飲んでま~す(あの~、これホンの冗談ですから…汗)クタクタで…毎日バタンキュー、爆睡です。
 さて、前置きはこの辺にしまして…『今月のおすすめ』は?
 金賞受賞の名酒の中でも選りすぐりの10銘柄をご用意いたしました。先ずは5年連続受賞の福島のお酒から、「国権」、「会津中将」、「廣戸川」、「天明」の4銘柄を!是非、この4名酒を飲み比べて味わってください。
 さらに、全国の金賞受賞の中から、「ゆきの美人」、「出羽桜」、「黒龍」、「美丈夫」、「紀土(キッド)」、そ・し・て、山田の超おすすめ!「鍋島」~の登場です!飲み口は軽快、グイグイいっちゃいますから、お気をつけください。上品な旨味が…何とも…魅力的で、美味い!旨い!これを飲まなきゃ~絶対ソン、ソンのお酒ですヨ~。
 さあ、夏本番。ビールもいいけど、やっぱり旨い冷酒の喉越しは堪えられませんネ!いつものように売り切れ御免!その前に、早い者勝ちですよ~。
 山田、短い首を精いっぱい伸ばしてお待ちしてます!
 (2017.08.03)


 皆さま~、大変お待たせしました。山田のコーナー、久々の更新です。
 では、「今月のおすすめ日本酒」のご案内をいたします。蔵のや新登場の数々、ナ・ン・ト6種類!しかもこの価格~!出血大サービス!お試しいただきたくて…山田カンバリました!これは絶対飲まなきゃソン、ソンですヨ~。
 トップバッターは?「AKABU」~。「へぇ~!?」って、今、お目めまん丸くしませんでした?「知ってるぞ~」とおっしゃるお方は余程の日本酒通とお見受けいたしました。つづいて、「鳳凰美田[剱]」種類の豊富な鳳凰美田の中でも「剱」をご用意いたしました。
 さて、お次は?山形県から山法師[爆雷]超辛口+28度!!の登場~。そして…「待ってました!」大向こうから声がかかりました、その名は蔵のや予約元締めウグイス娘(??)「るみ子」さん。声が良い娘?は美人かねぇ~?とよく聞かれますが…これがマッコと…山田の口からは「言えません!」(冷や汗タラリ)「るみ子の酒」はマッコと旨いっす!念のため。
 さぁ、まだまだ続きます。高知県から「美丈夫」純米吟醸酒をキィ~ンと冷やして一献、ご堪能ください。そして、いよいよオーラス。山形県が生んだ名酒。いえいえ、十四代ではありません。十四代ばかりが名酒ではございません。名酒は数々あれど、とっておき!吟醸酒を世に広め、英王室も認めた名品、その名も「出羽桜」!!
 いかがです?すぐにもお飲みになりたくなったでしょう?さぁさぁ、こぞってお越しを~。但し、毎度のことですが…売り切れ御免!申し訳ありません。山田でした。(2017.06.01)


 お待ちかね!『福島酒宴』始まりました!!
蔵のや日本酒党の皆さま、そして、世にも珍しい山田ファンの皆さま、日本酒にも山田にも全く興味のない皆さまにも是非とも~、と御用意いたしましたのは?
 満を持しての今月のメニュー、ジャジャジャ、ア~ン!とっておき!「全国新酒鑑評会4年連続金賞受賞その数や『日本一!』の名酒の数々の登場~、オンパレードです!
 これだけ集めるのにホント、苦労いたしました。「まったまた、オーバーなことを言って…」って?とんでもない!これだけの名酒を揃えて、し・か・も、このお値段!?滅多には…これ以上は言わせないでください。後はご覧になってからのお楽しみ~です!
 さぁさぁ、早速のお越しを~。短い首を精一杯長くしてお待ちしております!(2017.02.16)


 春の香りがしてきました…これは~?梅の香りだ!?春ですネ~。まだまだ寒い日もあり、雪の日もある箱根ですが、気分はもう春です!
 3日の節分の後、『蔵のや』には各地の神社で大奮闘の福の神様が疲れを癒しにお越しです。2月いっぱいの長逗留ですから、2月にお越しのお客様はナント幸運なことか!?
 さぁ皆さま、温泉に入って、嵐板長の作った美味しい料理を召し上がりながら、この山田のセレクトしたお酒で身も心もホッカホカになりませんか?
 今月のお料理は(いつもですが)お酒の種類をいとわず進みますヨ~。最初の乾杯はまずビールで「ググィ~」と一杯!イイですネ~。応えられませんネ~。チョッと待った!この季節、温泉で温まったお体でも、冷えでお悩みの女性の方は要注意!そこで、こんな飲み方は如何でしょうか。最近はホットビールを楽しまれる方が多いんです。お楽しみください。山田がお作りいたします。(2017.02.06)


 「お酒」を担当しております山田です!皆様、旧年中は誠にお世話になりました。本年も何とぞ宜しくお願いいたします。
 新年早々、悩みに悩んでおります。「何を?」と仰るお客様。山田の悩みと言えば?そうなんです、お酒の悩みに決まっております。
 『蔵のや』のお酒を楽しみにお越しくださる「蔵のや日本酒党」の皆さまに今年はどんなお酒をご用意できるかなぁ?「こんな酒があったんだ!?」びっくり仰天なさるお顔を眺めて一人ほくそ笑む。これが私の最大の楽しみなんですヨ~。エッ?趣味が悪いって?そうなんです!趣味の悪さではこの山田の右に出る者はおりません!(冗談ですからねぇ。無趣味の山田でした)
 旨~いお酒をお飲みいただきたい!この一心で今年も東奔西走、走りに走る覚悟です!お待ちしております!(2017.01.06)


 『12月のおすすめ』は福島の美味し~いお酒のオンパレードです!し・か・も、とってもお得なお値段でご提供しております。ぜひ、飲み比べてみてください。
 そして…とっておきのご案内です!『プレミア日本酒』と銘打ちまして、山形の生んだ傑作「十四代」とリピーター続出、大人気の「飛露喜」ですヨ~。どこでも飲めるというお酒ではありません!山田が足を棒して、やっとこさ手に入れました。えっ?「電話で注文しただけでしょう?」って?とんでもない!そんなに簡単にはいきません!とは言いましても、何分にも山田のことです、割り引いてお聞きください(汗)。
 「蔵のや日本酒党」の皆様も、そうではない皆様も、「いざ!蔵のやへ~」お待ちしております。(2016.12.16)


 「今月のおすすめ」は?『醸し人九平次』の再登場~!!です!
 今、日本中で一大ブームを巻き起こし、世界でも絶賛される「九平次」。日本酒の若き醸造家で、15代目蔵元、久野九平次さんが日本酒の魅力を発信すべく、世界へ飛び込み営業!美食の街パリや世界のトップレストランで通用する味であることを世界の評価をもって証明しました。ホテルリッツでも、ホテルクリヨンでも、三ツ星レストラン「ギー・サヴォア」でも提供されているんです!
 この「九平次さん」超~カッコイイんですヨ~、身長186㎝で、ファッションモデルだったんです!(私、山田と張り合っているとか!?イヤァ~参っちゃうな~そんなことを言っているお方がいるとか、いないとか?マァ、色々と好みがあると言うことでご勘弁を)
 「九平次」の何がスゴイのか?それはですネ、日本酒の「酸味」を最上の形で残した新しい日本酒を提案したこと。それまでは、日本酒の酸味は雑味と捉えられ、嫌われてきましたが、白ワインのように「酸味」に美味しさを見出す西洋人には、逆にこれが評価される結果に。そして上質な白ワインのように、フランス料理にも合わせられる日本酒として一気に注目を浴びたんです。
 さぁ皆さま、蔵のやでこのお酒を是非、味わってください。確実にハマります!但し、今回も売り切れ御免!です。売り切れる前に「お越しを~」。山田、お待ちしております!(2016.11.11)


 「10月おすすめ日本酒」のご案内です。今月も選りすぐりの日本酒を集めまして、皆さまのお越しをお待ちしておりますが、その中でも取って置きのご紹介です!
 ひときわスポットライトを浴びて輝いておりますのが…『蔵のや』初登場~!その名も『紀土(キッド)-KID』。和歌山が生んだ傑作日本酒!かなりの日本酒党の方もまだご存じない!?2014年の海外インターナショナルワインチャレンジで金賞受賞と云うお墨付きです。
 一口お飲みになれば「うわぁ~!」と感動なさいますヨ~。その柔らかな口当たり、上品な甘味、日本酒初心者の方にもおすすめのお酒です。「日本酒はどうもなぁ~…」と、おっしゃる方にも是非お飲みいただきたい名品です。この山田がおすすめですからマチガイなし!でございますヨ~。
 「百聞は一見に如かず」、オッと、もとい、「百言は一飲に如かず」です!ただし…売り切れ御免!いつものことながら申し訳ございません。では皆さま「お早いお越しを~」(2016.10.06)


 『福島酒宴』、好評のうちに売り切れとなりました。この間お越しのお客様には、沢山お召し上がりくださり、お礼の申し上げようもございません。誠にありがとうございました。
 さて、今月は、日本全国から「山田おすすめ日本酒」の登場です。「こんな日本酒飲んだことない!?」と、日本酒党の皆さまを唸らせたいなぁ~との思いで選りすぐりました。
 早速お越しになり、ご堪能ください。お待ちしております!(2016.07.07)


『福島酒宴/日本酒おすすめ№2』が始まりました。福島の旨い酒が目白押し。しかも、しかも「こんなに安くてイイの~?」そうなんです!山田の大出血サービス!飲まなきゃ~損、ソンですヨ。
 メニューの最後は≪プレミア日本酒≫その中から、超人気の獺祭3割9分大吟醸の登場です。華やかな香りと口に含んだ時に見せる蜂蜜のような甘味。飲み込んだ後の長い余韻。これぞ純米大吟醸~!!
 さて、お次は…洞爺湖サミットでも提供されたお酒、磯自慢 純米吟醸「青春」のご案内です。サミュエル・ウルマンの同名の詩「青春」に感銘を受け命名された限定酒!です。この詩には山田も感銘を受けました。「青春とは人生のある期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱…」長~い詩なんで全文をご案内できないのが非常~に残念。お後は蔵のやで~、お待ちしております!(2016.05.24)


 今月の『おすすめ日本酒』、好評街道爆走中!?「なんのこっちゃ~?」と言われそうですが…これからご紹介するメニューをお知りになれば納得いただけると山田、確信しております。
 トップバッターは?広島県から登場~、その名も「雨後の月 十三夜」ナンと綺麗な名じゃ~ありませんか。上品で美しく、透明感が特徴のこのお酒、まるで『蔵のや』にいらっしゃる女性のお客様のようです!!食事とともに飲み続けられる優しい味わいで、女性をトリコにするお酒!なんです、が、意外と男性ファンが多いんです。しかも、お値段が…「安くてすいません!」。
 さてお次に続きますのは~〈次世代のお酒〉です!その名も「くどき上手Jr(ジュニア)純米大吟醸Jrのヒ蜜!??ヒ・ミ・ツ、「えっ、秘密って?」まぁ、飲んでみてください。極甘口の美酒。フルーティーで蜜のような甘味がお口中に広がって、「う、う~ん」と絶対に唸ること間違いなし!です。日本酒党なら是非お試しを!あとは山田が直接お話を。お待ちしておりますヨ~。(2016.04.27)


 「福島酒援」キャンペーンが始まりました!今回も価格破壊のお値段でのご提供です。
私が言うのもなんですが、ホント、福島には旨い酒が勢揃いで選ぶのも一苦労、嬉しい悲鳴をあげました。
 日本酒党の皆さま、「写楽」と「飛露喜」は必ず味わってください。日本酒はそれほど…と言うお客様には「かすみ口万(ロマン)」というお酒をお勧めいたします。更に更に山田とっておきの裏メニューもあり!チョットだけお話ししてしまいますと…只今、超~人気の「醸し人九平次」。ワイングラスでまるでワインのように味わってください。満足を超えますヨ~。いやぁ、嬉しそうなお顔が目に浮かんできちゃいました。そうそう、忘れずに、今回も「売り切れ御免!」。早速のお越しを~。(2016.02.17)


 あけましておめでとうございます。
山田は今年も旨い酒を求め、東奔西走いたす所存!日本には、未だ山田も知らないホントに美味しいお酒がいっぱい有りますからネ。探して見つけた時の喜びは、もう本当に言葉では言い表せません。
 そして、そのお酒を「こりゃ~こたえられないヨ~、山田さん!」と言わせたい~、と云うのが私の何よりの願いなんです。今年も祈りながら、お越しをお待ちしております。来てくださ~い。(2016.01.07)


 『今月のおすすめ日本酒』のご案内です。一番の「おすすめ」は?
只今、大ブレーク中『新政(あらまさ)』の登場です!日本酒ブームを牽引している新しい伝統の味。
蔵のやで是非、ご賞味ください。何とも言えない上品な甘味と穏やかな香り!はまりますヨ~。
飲み過ぎの心配はご無用。山田が責任をもって「ストップ!」をかけますから、ご安心を。
 次なる「おすすめ」は、日本酒好きなら一度は飲んでみたい…「『十四代』を飲まずして日本酒を語ることなかれ」とまで言われております。今回は本丸と純米吟醸の二種類をご用意いたしました。
では、皆さま、お待ちしておりますヨ~。アッ、しまった!ご注意を!「売り切れ御免!!」山田でした。(2015.11.17)


 皆さま~始まりました!≪おすすめ日本酒≫今回、初登場のご紹介~。
「こりゃ、凄い!!」と、お客人!フランス人もびっくり!(やたらビックリマークを使っております)そのくらい凄い!フランスは三ツ星レストランが認めたお酒の登場~。「えっ?フランス人に日本酒が分かるの?」とんでもない!日本人でもフランス人でも旨い酒なら直ぐ分かる!こりゃ、失礼、前置きが長すぎました。
 その名も『醸し人九平治』と申す。ナンと意気な名じゃぁございませんか!さて、そのお味は?なかなか一言では…芳醇にして、瑞々しく、かつ上品ときている!こりゃ、日本酒通のお方は是非ともお越しいただき、味わっていただきたい!と山田、今回一押しでございますヨ~。勿論ほかにも美味し~い日本酒が目白押し~。この山田が料理に合わせてセレクトいたします。「いざ!箱根!蔵のやへ~」(2015.07.28)


 『蔵のや』に置いてある日本酒は、山田が選りに選った品ばかりで、春夏秋冬を問わず召し上がっていただきたい!何ですが…暑くなってくるとやっぱり“ビールが一番”ですか?
 そこで今回は「みんな大好きビール編」。
「生ビールの“生”って?」 殺菌のために熱処理をしていない物が生ビール。現在市販されている発泡酒は「生」なんです。それでは「“ビール”と“発泡酒”の違いって?」 使用原料と麦芽使用率が違うそうです。詳しくは…『蔵のや』へ~。
 「ビールはキンキンに冷やした方が美味しい?」
イエイエ、飲みごろ温度は、夏なら 6~8度、冬なら10~12度が目安。生ぬるいとプクプク泡が出すぎてしまい、冷えすぎたビールは泡立ちが悪く味が荒くなってしまいます。
「きめ細かい泡が良いのは何で」? 細かい泡はしばらくの間、気が抜けたり、冷めたりするのを防ぐ「ふた」の役割をはたしてくれます。クリーミーな泡がビールの苦みをおさえてまろやかな味わいにしてるのですね。
 「よく言われる“喉越し”って何?」 ビールの美味しさは、舌ではなく実は喉の感覚で感じ取っているそうで、この神経が受けた刺激、強い快感を「喉越し」と呼ぶそうです。ただし…喉の反応は1杯目ですぐに鈍ってしまいます。確かに一杯目の美味しさと言ったら…至高ですよネ!
 「とりあえずビール」で「ウンチク」を!?山田がお待ちしてま~す。(2015.05.15)


頑張っている福島の蔵元を応援しよう!!『福島酒援キャンペーン』が始まりました。
 今回も福島の美味しいお酒を選りすぐって、出血大サービスで「山田」が皆さまにご提供~いたします。
 お客様のお好みとお料理に合わせて「山田」がセレクト!好評の「春の美味コース」が、ますます美味しくなりますヨ。お酒を召し上がらなくても、嵐板長の料理が「美味し~い!」のは勿論ですが…(2015.03.23)


 山田の《うんちく》第2弾!今回は「日本人とお酒」編~。
「人間は、いつ頃からお酒を飲むようになったの?」「ハイ!お答えします。今から約5000年前、古代メソポタミヤでビールの原型が作られたというのが、一番古い記録です」「日本では?」「水稲が渡来した弥生時代に、米麹を使用したお酒が作られ始めた事が分かっています」
 そこで、日本の文化とお酒の関係を。
神代の時代から、お酒は神様と人間をつなぐものでした。来期の豊穣を祈願し、収穫されたお米で神様にお酒を作って供え、その後、一同で飲むのです。宴会の始まりですネ!神様パワーをいただいたワケです。
 なるほど、なるほど、日本人の宴会好きと、私、山田のパワーはここから始まっていたんだ~。納得。
(2015.02.06)


山田より、新年のご挨拶を申し上げます。
お正月、美味しいお酒をお飲みになりましたか?今年も、山田が皆様に美味しいお酒をセレクトして、首を長~くして、お越しを待っております。
 さて、冬の楽しみは何と言っても燗酒です。『蔵のや』の料理でチビリ、チビリとコレは応えられませんヨ~。そこで山田の“ウンチク”を一席。
 お燗の温度と名称のお話。55度以上のお燗は「飛びきり燗」、約50度を「あつ燗」、約45度を「上燗」、約40度を「ぬる燗」、約35度を「人肌燗」、約30度を「日向燗」。ご存知でしたか?もうひとつ、「燗」は門の中は日ではなく、月なんです。
 お好みのお燗で、ゆっくり盃を傾けながら楽しむ「ひとよ」を『蔵のや』でご堪能ください。
 ちなみに女将の好みは「人肌燗」、飲むと色っぽくなりますヨ。板長は「あつ燗」、ムッツリ、ニッコリ…。私、山田は「全部OK!燗」失礼しました!(2015.01.08)


今回はお酒がもたらすメリットのお話です。
『ほど良いお酒は、カラダとココロに潤いを与える』そうなんです!!お酒を飲むと気分が良くなるのは、アルコールが「理性の座」といわれる大脳新皮質の働きを鈍くするから…感情など本能的な部分を司る大脳の古い皮質の働きが活発になり、精神が高揚、元気が出てきます。ワインやウイスキーなどの香りにはリラックス効果が、ビールの原料・ポップの香りには気分を落ち着かせるなどのアロマ効果が!「ほど良いお酒」はカラダとココロがホロホロになるので~す。『蔵のや』の料理と山田セレクトのお酒の相性は抜群!ぜひお楽しみください。外は寒くても、内はホッカホロホロ~。身も心も温かくなること請け合います!(2014.12.05)


お酒担当の山田です。この秋一押しのお酒のご案内です。それは…何と言っても、福島自慢の純米吟醸《写楽》です。艶やかな旨みが勢いよく口の中に広がります。ぜひ、伸びやかな余韻を楽しんでください。
この《写楽》を大変、リーズナブルなお値段で、ご提供しております。
他にも〔ハレの日の一杯〕として入手困難なお酒をご用意いたしました。この機会にぜひ、味わってください。(2014.09.22)


お酒コーナー担当の山田です。トリップアドバイザー様からエクセレンス認証を頂戴いたしました!
『蔵のや』の私達にはこれ以上の喜びはなく、光栄ですが、これもひとえにお客様のお陰です。
この受賞を記念して、日本酒好きの皆さまに山田が選りすぐりましたお酒を、大出血サービスでご提供いたします!この機会にゆっくりとご堪能ください。(2014.06.26)


日本酒ファンの皆さま待望のお酒の登場です!人気が高く、なかなか手に入らないお酒を揃えました。
〔プレミアム日本酒〕中でも十四代!これこそ日本酒愛好家垂涎の的!今なら『蔵のや』でお楽しみいただけます。
その他にも辛口のお酒をリーズナブルなお値段で山田がご用意いたしました。
さぁ、緑香る箱根へ!蔵のやへ!お待ちしております。(2014.05.14)


春です!桜です!「桜見て一杯」の季節到来です。桜の一番合うお酒は?山田にお任せを!
『蔵のや』春色美味コースを更に引き立てる美味しいお酒をチョイスして、皆様のお越しをお待ちしてます。(2014.03.18)


日本酒好きの皆様、昨年は『蔵のや』山田セレクトのお酒で楽しんでいただけましたか?
新年も更に美味しいお酒を求め、山田は東奔西走いたす所存!
珍らしい、美味しい、そして…お得なお酒で「お・も・て・な・し」いたします。(2014.01.16)


『蔵のや7周年記念キャンペーン』大出血サービス!は大好評の中に売り切れとなり、終了いたしました。
お客様のご要望にお応えして、この度『福島酒援キャンペーン』を始めました。
大出血サービス第3弾!です。日本酒好きのお客様、この機会に是非、蔵のやでお試しください。
山田がお好みのお酒をセレクトいたします。(2013.11.19)


《7周年記念キャンペーン》売り切れ御免の大出血サービス!!始りました。
美味しいお酒をこのお値段で!担当の山田がお客様のお好みでセレクトいたします。
「紅葉で一杯」いかがですか?『蔵のや』でお待ちしております。(2013.10.18)


お陰様をもちまして〈福島酒援パートⅡ〉大盛況のうちに終了させていただきました。
お酒担当の山田より皆様に厚く御礼申し上げます。第3弾を予定しております。乞うご期待ください!(2013.10.01)


お酒担当の山田です。今年『蔵のや』は無事に7周年を迎える事が出来ました。
その感謝と、8月には沢山のお客様にお越し頂いた感謝、そして2020年東京オリンピック
開催決定おめでとう!キャンペーンとして、儲けぬき、特別出血大サービス!
山田推奨の美味しい日本酒をご用意たしました。日本酒ファンの皆様、この機会をお見逃しなく!(2013.09.12)


 <福島酒援 パートⅡ>
〔磐城壽〕(いわきことぶき)は酒蔵を福島から山形県に移し
改良に改良を重ね、芳醇な雫を完成させました。
いつか故郷の浪江町に戻る夢を持ちながら…
『蔵のや』で磐城壽をお楽しみください。    山田より(2013.06.13)


 お酒を担当しております山田と申します。
私から皆さまに《おすすめ日本酒》のご案内です。
『ガンバレ福島!』福島の地酒を飲んで、福島を応援します。
飛露喜、ロ万、天明、一歩己、会津など9種類のお酒をご用意しました。
(2013.04.25)


  • 予約状況
  • 人気の理由
  • 料金表
  • お客様エピソード
  • 周辺観光案内
  • クーポン券
  • キャンペーン情報

お知らせ・最新情報

2018.07.06

 「ガラスの森美術館」無料招待券プレゼント!
 先着4名様をもちまして終了いたしました。誠にありがとうございました。

2018.06.29

 「ガラスの森美術館」無料招待券プレゼント!
年内まで、ご利用いただける招待券を先着4名様へ。
 ご予約時に「招待券希望」とお伝えください。

2018.06.22

 
 6月28日(木)の「夜のあじさい号」乗車券を先着2名様へプレゼントいたします。
ご予約時に「乗車券希望」とお伝えください。

2018.05.24

5年連続『エクセレンス認証』受賞!!
この度、世界最大の口コミサイト「トリップアドバイザー」様より5年連続でエクセレンス認証に認定されました。

2017.06.29

『2017エクセレンス認証』
 受賞!!
 世界最大の口コミサイト「トリップアドバイザー」様より2017年度のエクセレンス認証を受賞いたしました。2014年度より4年連続の受賞となりました。

2017.05.30

夜のあじさい号指定席券プレゼント!!
―先着順申込受付中―
6月17日(土)から運行されます夜のあじさい号に6月28日(水)ご宿泊のお客様4名様に指定席券をプレゼントいたします。ご予約時にお申し込みください。お待ちしております。

2016.10.13

JA全農福島と無洲レストラングループとのタイアップ!『ふくしま米フェア』が始まります。期間:10月14日から21日まで。
 蔵のやへお越しの皆さま、美味しいご飯を召し上がった後は応募用紙にご記入を!
1等 福島牛(10,000円相当)を10名様に。2等ふくしま米(5キロ)100名様に当たります!ふるってご応募ください!

2016.07.25

箱根ロープウェイ全線再開!
 早雲山から大涌谷ルートが7月26日午後1時から再開されます!
 名物の黒たまごは、園内の「くろたまご館」で販売されます。

2016.06.07

 ≪夜のアジサイ電車に乗りませんか?≫
6月29日(水)先着順4名様まで乗車券をプレゼントいたします。ご希望の方は予約申し込み時に『蔵のや』または蔵のや東京事務所にお申し込みください。

2016.05.27

《エクセレンス認証2016》
 受賞!!
 この度トリップアドバイザー様より2016年の受賞のお知らせを頂きました。蔵のやは3年連続の受賞になりました。このニースを皆様にお届けできることを大変うれしく思います。

2016.04.18

 箱根ロープウェイ、 姥子—大涌谷区間が23日(土)より運行が再開されます。
昨年5月上旬から、ほぼ1年ぶりに大涌谷に入りことが出来ますが、大涌谷—早雲山駅間の運休は継続されています。大涌谷の温泉池で、名物の「黒たまご」も製造され、大涌谷以外の町内で販売再開されます。

2015.11.20

箱根山の噴火警戒レベルが2から1に!警戒解除されました。
(平成27年11月20日14時 気象庁地震火山部発表)

2015.11.12

 お待たせしました!蔵のやに『エレベーター』が設置されます。11月24日着工、完成予定は来年4月中旬の予定です。
 この間、駐車場などで少々、お客様にご不便をおかけいたしますが、仮駐車場の用意も出来ております。
ご予約時、ご案内、お知らせ申し上げます。

2015.10.30

箱根ロープウェイ 姥子~桃源台駅間運転再開!
富士山の絶景をお楽しみください!

2015.09.11

箱根山の噴火警戒レベルが3から2に引き下げられました。(平成27年9月11日14時00分 気象庁地震火山部発表)

2015.06.19

トリップアドバイザーより「2014エクセレンス認証」につづき
「2015エクセレンス認証」を2年連続で受賞いたしました。

2014.04.01

消費税改定に伴い、宿泊料金の表記を変更いたしました。

2013.05.28

キャンペーン情報を追加しました

2013.05.08

人気の理由ページを更新しました。

2013.05.06

周辺観光案内ページを更新しました

2013.04.26

ホームページをリニューアルしました。

piasis

蕪庵

無洲

ページ上部へ